『やさしい言語学』装丁デザイン・イラスト制作 | 研究社

『やさしい言語学』装丁デザイン・イラスト制作 | 研究社

2021年7月1日
<制作実績>

ご依頼:株式会社研究社
媒 体:『やさしい言語学』著/高橋留美・大塚みさ・杉本淳子・田中幹夫
発 行:2021年6月30日

制作内容:装丁デザイン・イラスト 本書内挿絵12点(白黒)

※クリックで画像拡大されます

おまけ

<制作後記>

今回、初めて装丁デザインも含め表紙のイラストの制作をさせて頂きました。
※大学の教材用書籍(?)なので、一般書店さんでは並びませんが、ネットショップからはご購入頂けます。

昨年の夏頃に初めてご依頼を頂いたのですが、随分昔「絵を仕事」にする前の
私が趣味で絵を描いてWEBに掲載していた絵(10年以上前!)を辿って声をかけて頂き…

ちょうどイラストの企業様案件のお仕事も途絶えてしまって、
どうしよう…と悩んでいた時のまさかの有り難いご縁でした。

ただ、イラストも随分昔のものがきっかけだった事や、
「デザイン」の経験もほぼ無く(職業訓練で「デザインコース」に通って半年勉強はしたものの挫折。)
センスも無いので「お仕事」としてお引き受けできるレベルでもなく悩んだのですが、正直に事情をご説明し、
ご理解頂けた上でご依頼頂けるとのことで挑戦させて頂く事にしました。

これまでのお仕事も何度かあったのですが、経験不足や自信ないような状態でも
結構思い切ってご依頼下さり、挑戦する機会下さった担当様方には感謝しかありません。

初めての装丁デザインという事で、担当様には本当に色々と教えて頂いて…
手間取ってしまった事も多かったのですが、素敵な本に仕上がりました。
文字の配置や選択等デザイン的な部分は、ほとんどアドバイス頂いて…ふふふ^^;



いつものお仕事とは雰囲気が全然違うのですが、実はこういう絵柄(?)雰囲気のものが
とても好きなので、自分の理想のお仕事をさせて頂いてしまいました…。
こんなお仕事の機会が頂けるとは思ってもなかったので、悩む事も多かったですがとても嬉しいかったです。

イラストもタイトル文字も何件かラフをご提案した中から、
担当様が選んで下さって…良い感じに出来上がってよかったです!

かわいいシマエナガちゃんも描かせて頂いて、色んな所にちょこちょこおります(笑)
ちょこっといる感じがお気に入りです。



当初、大体の制作期間2ヶ月程度で昨年発売の予定だったのですが、
コロナの影響で半年以上延期になり…なかなか見通しがつかなかったのですが
無事発売となり、実物も献本として頂きました。
(内容は難しくてまだ読んでません…すみません…笑)

この度はご依頼、ありがとうございました。

**

ご購入は下記「研究社」様HPにて

books.kenkyusha.co.jp


最後までお読み頂きありがとうございました!

**

お仕事のご依頼は
下記↓お問い合せ↓よりお気軽にご相談下さい!